Invisible
Infrared Digital Photography
 赤外線は眼に見えない光です。私はこれらの見えない世界を写真に置き換えることである幻想的な世界を表現できるような気がしました。九州の森や川、廃虚などを赤外線の眼差しで眺めてみると、もうひとつの世界の存在を予感します。

 デジタル技術は赤外線写真を撮ることを容易にしてくれました。これらの技術について数多くのヒントをくださった内外の皆さんに感謝申し上げます。

Fumio Hanano, Photographer


Copyright(C) 2002 Fumio Hanano. All rights reserved. Presented by Hanano Photo Office.